マスター化粧品 バニシングクリーム

シーズン最後と思い新しいスポットへ
しかしここは林業関係の建物があった場所であるせいかどうかは不明ではあるのですが
酒びんばかり(特に焼酎)でした。
e0204599_1826360.jpg



そんな中、マスター化粧品のびんが
マスター尚美堂(セイビドウ)化粧品会社
e0204599_18252769.jpg


マスターのmと尚美堂のsをロゴにしたものか?
e0204599_18254693.jpg


こんな記事も
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000018019


めぼしいものはこれくらいで
あとは「若林食品」の湯呑くらいでした・・・・ 残念。
e0204599_18265548.jpg


午後3時でももう薄暗くて最後にホタテやホッキの貝殻ばかりの貝塚があったくらいで・・・
もうシーズンオフかなぁ・・・・
e0204599_18281531.jpg

[PR]
by glass-kotan | 2014-11-03 19:30 | ガラス | Comments(4)
Commented by tbs-hrk at 2014-11-04 00:24
お疲れ様で御座います。
化粧びんは好きな形です。黒に見えますが何色でしたか??
Commented by 尚 nao. at 2014-11-06 00:04 x
マスターは、こちらでは陶製容器が出ています。
マスター化粧品という名称もあって、それが尚美堂に繋がらなくて
正体を知るのにけっこう手間がかかりました。
最後の湯飲み、戦後のものかもしれませんが、いい味出してます。
折詰めと給食…林業関係はお得意様だったんでしょうね(笑)
Commented by glass-kotan at 2014-11-11 22:09
>tbs-hrk様

ほぼ真っ黒です、光も通しません。
戦後以降昭和30年位までのものでしょうか?
Commented by glass-kotan at 2014-11-11 22:11
>尚様

マスターの陶製容器欲しいですね。
点が線になるときはうれしい限りですね!

湯呑のお店を検索しても出てこないのです。
そりゃそうですよね、昭和30から40年位なのではないかと思うのですが、手掛かりが少なすぎて・・・